×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

犬に起こる皮膚病

皮膚に起こる犬の病気の症状もたくさんあります。犬に起こる皮膚病(よくみられるものから、難病まで様々な疾患があります)は治療をしても完治しにくい病気が多く、飼い主が長期間ちゃんと治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)薬を塗ったりしないといけないため、かなりの根気が必要となります。

犬の病気(なって初めて健康のありがたみを知るなんてよくいいます)の症状でもある皮膚病は、ノミアレルギーによって起こる場合が多く大半を占めています。食事によるアレルギーやアトピーなどによっても皮膚病になってしまうのです。ノミアレルギーは寒い地域では起こりにくいようですが、暖かい地域にお住まいの方は注意してください。

犬の病気の症状は遺伝によって生じるものも多いみたいですが、アトピーもそのひとつで遺伝による場合が多いようです。人間もアトピーになる人が増えつつあるんですが、生活環境の変化などによってアトピーになり易い過敏症になってしまったケースも多いようです。犬がアトピーになるとかゆみが起こるため、皮膚に掻き傷がたくさん付き感染症などを引き起こす原因にもなってしまうことがあります。

犬がアトピーになると外耳炎を起こしやすくなります。犬の病気の症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)には花粉症もあります。犬が花粉症になってしまった場合かゆみが強く現れてしまいます。くしゃみをすることはほとんどません。犬が身体を異常にかゆがる場合には、皮膚病(罹病すると死に至る疾患もあるそうです)に感染している場合もあるため、症状が悪化する前にしっかり受診して診てもらうようにするのです。