×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

犬の病気の症状

大切なペットが病気になってしまったらと心配になる気持ちは誰でも同じです。特に犬の病気の場合は、小さな症状でも不安になり獣医さんに相談しようか?

とか思うことがありますね。

犬の病気は多くの種類があります、フィラリアやリンパ腫といった病気は怖いですので、犬の様子を観察・把握して、いつもと違う症状や態度を見逃さないよう注意しましょう。例えば犬が吐くという症状には、いくつかの病気が考えられます。悪性リンパ腫やアジソン病、意拡張といった病気が考えられ、吐く頻度などによっても違いますよ。

犬の病気の症状で気になるのは、普段通り餌は食べて散歩もしているのに、急に何度も吐くというケースがあります。こんな症状は、タマネギ中毒・犬回虫症といった犬の病気を疑いますが、犬の下痢症、犬の腎不全の症状も似ているので何れも獣医への診察を急いだ方が良いでしょう。

犬の病気の症状のひとつである吐くという症状には注意が必要です。イヌ伝染性肝炎は犬の病気の症状としては、危険と言えます。イヌ科の動物だけが感染するウイルス性肝炎で、1歳未満の子犬の場合は感染率も致死率も高い病気です。

イヌアデノウィルスに感染して肝炎を起こす病気ですが、吐く・下痢の症状が強いです。繰り返しますが犬が吐くのは、病気として腸閉塞や、コロナウィルス性腸炎、更に多くの病気の可能性を否定できません。ですから何度も吐く場合には、獣医さんに受診するようにしましょう。

犬が吐くという症状

犬が何度も吐くという症状は飼い主にとって非常に気になるものです。
犬が吐くという症状の多くは消化器の障害です。
1. 食中毒
2. 異物を飲んだ
3. 胃潰瘍
4. 胃拡張
5. 胃炎
6. 慢性肝炎・腸炎
といった可能性が高いですね。吐いた物の状態や色等をよく見て動物病院に相談するのが良いでしょう。

更に詳しく見て見れね犬の病気(予防することで発症や再発を防げることもあるようです)の症状としては吐いた物の内容、頻度を確認して相談すると獣医さんの診断も早く処置も早くできるので大切です。

例えば黄色で泡混じりの物を吐いたら、胃酸過多で胃炎等の疑いとなります。
犬が吐いた物に血が混ざるケースがあります。異物によって胃の粘膜が傷付いたのか胃炎なのかという疑いから診断されますね。
ただ犬が吐きました。という症状(自覚できるような畭変は何も起こらずに進行してしまっていることも少なくありません)に加え間接的にでもより詳しく状態を伝える事ができれば、獣医さんの対応はかなり違ってきます。
更に言えば、こんな犬の病気(先天的なものも少なくないでしょう)の症状を飼い主も覚えておくと、精神的にも助かりますよ。

犬が吐くのに、脳に障害が起きているケースもあるそうです。犬が吐いたら、食事の内容に加え直近の犬の行動も鑑みて、吐く原因(これがあって結果があるというのが自然の摂理といえるでしょう)を調べてみます。吐く事に加えて咳があれば心臓病の可能性迄考えられるので早めの受診が必要です。